評判のいいスマ婚で式を挙げよう|幸せへの近道

結婚式にかかる費用を

新郎新婦

プロデュースしてもらう

結婚式にかかる費用は、一般的に約300万円以上と言われていますが、費用が高くなる理由は特定の業者と式場が提携しており、価格競争がないためとも言われています。スマ婚では、それを見直して結婚式にかかる費用をできるだけスリム化して結婚式を挙げられるように工夫したものです。スマ婚を行っている会社は、いくつかあるので資料を取り寄せたりインターネットで評判を調べたりしましょう。スマ婚をプロデュースしている会社は、基本的に挙式ができる会場は持っておらず、さまざまな結婚式場と提携することで会場にかかる費用を抑えています。また、料理・テーブルに飾る花・ウェディングケーキなど結婚式をする上で必要になるアイテムも、無駄なお金がかからないようにするために、特定の業者を決めていないのが普通です。幾つかある業者の中から選ぶようになっており、それは結婚式場を含め、ウェディングドレス・引き出物などあらゆるものに及んでいます。スマ婚をプロデュースしている会社が提携しているお店の中でもし、気に入ったものが見つからないときは、他で探したものを無料で式場に持ち込むことができます。また、スマ婚の最大の特長は、結婚式のときにいただくご祝儀で結婚式の費用をまかなうことを考えながら結婚式のプランを作る点です。こうすることで、費用を抑えつつも満足度の高い結婚式を挙げられると若い世代には評判となっています。ただ、選ぶプロデュース会社によって、満足度の評判に違いがあるので、ある程度は口コミなどの評判を事前にチェックしておきましょう。

女性

挙式後の集まりの仕切り方

二次会の幹事には、準備から当日の雑用までさまざまなことをやってもらわなくてはいけません。家庭や仕事で忙しい方ではこれが負担になるうえ、うまくできるかどうかも確実ではないはずです。それが代行業者なら、司会の進行から会場の手配までスムーズにできるメリットがあります。

結婚式場

席とその札の用意

結婚式で披露宴や食事会を開催する場合、席札の準備が必要になる。席札は、個人で作成する他、業者に依頼して準備する方法などがある。個人での作成ではメッセージを記載するなどすると、より効果的な席札とすることができる。

ハート

自作でムービーで挙式

結婚式の動画作りでは、撮影する機材とソフト、それに撮影する場所と協力者が必要です。これがそろったら、まず計画書とコンテを作成してそれから撮影に取りかかりましょう。ただし撮影場所の中には許可が必要な場所もあるので、それは事前に許可をとっておくようにします。後は効果音を付けて結婚式の動画は完成です。